万葉集561番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集561番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集561番について

歌番号

561番

原文

不念乎|思常云者|大野有|三笠社之|神思知三

訓読

思はぬを思ふと言はば大野なる御笠の杜の神し知らさむ

かな読み

おもはぬを|おもふといはば|おほのなる|みかさのもりの|かみししらさむ

カタカナ読み

オモハヌヲ|オモフトイハバ|オホノナル|ミカサノモリノ|カミシシラサム

ローマ字読み|大文字

OMOHANUO|OMOFUTOIHABA|OHONONARU|MIKASANOMORINO|KAMISHISHIRASAMU

ローマ字読み|小文字

omohanuo|omofutoihaba|ohononaru|mikasanomorino|kamishishirasamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|福岡|太宰府|地名|恋情

校異

特に無し

寛永版本

おもはぬを[寛],
おもふといはば,[寛]おもふといはは,
おほのなる[寛],
みかさのもりの[寛],
かみししらさむ,[寛]かみししるらみ,

巻数

第4巻

作者

大伴百代

タイトルとURLをコピーしました