万葉集780番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集780番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集780番について

歌番号

780番

原文

黒樹取|草毛苅乍|仕目利|勤<和>氣登|将譽十方不有|[一云仕登母]

訓読

黒木取り草も刈りつつ仕へめどいそしきわけとほめむともあらず|[一云仕ふとも]

かな読み

くろきとり|かやもかりつつ|つかへめど|いそしきわけと|ほめむともあらず|[つかふとも]

カタカナ読み

クロキトリ|カヤモカリツツ|ツカヘメド|イソシキワケト|ホメムトモアラズ|[ツカフトモ]

ローマ字読み|大文字

KUROKITORI|KAYAMOKARITSUTSU|TSUKAHEMEDO|ISOSHIKIWAKETO|HOMEMUTOMOARAZU|[TSUKAFUTOMO]

ローマ字読み|小文字

kurokitori|kayamokaritsutsu|tsukahemedo|isoshikiwaketo|homemutomoarazu|[tsukafutomo]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|紀女郎|恋愛|戯笑

校異

知->和【万葉考】|母【元】【類】毛

寛永版本

くろきとり[寛],
かやもかりつつ[寛],
つかへめど,[寛]つかへめと,
いそしきわけと,[寛]ゆめしりゆきと,
ほめむともあらず,[寛]ほめむともあらす,
[つかふとも]

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました