万葉集534番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集534番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集534番について

歌番号

534番

原文

遠嬬|此間不在者|玉桙之|道乎多遠見|思空|安莫國|嘆虚|不安物乎|水空徃|雲尓毛欲成|高飛|鳥尓毛欲成|明日去而|於妹言問|為吾|妹毛事無|為妹|吾毛事無久|今裳見如|副而毛欲得

訓読

遠妻の|ここにしあらねば|玉桙の|道をた遠み|思ふそら|安けなくに|嘆くそら|苦しきものを|み空行く|雲にもがも|高飛ぶ|鳥にもがも|明日行きて|妹に言どひ|我がために|妹も事なく|妹がため|我れも事なく|今も見るごと|たぐひてもがも

かな読み

とほづまの|ここにしあらねば|たまほこの|みちをたどほみ|おもふそら|やすけなくに|なげくそら|くるしきものを|みそらゆく|くもにもがも|たかとぶ|とりにもがも|あすゆきて|いもにことどひ|あがために|いももことなく|いもがため|あれもことなく|いまもみるごと|たぐひてもがも

カタカナ読み

トホヅマノ|ココニシアラネバ|タマホコノ|ミチヲタドホミ|オモフソラ|ヤスケナクニ|ナゲクソラ|クルシキモノヲ|ミソラユク|クモニモガモ|タカトブ|トリニモガモ|アスユキテ|イモニコトドヒ|アガタメニ|イモモコトナク|イモガタメ|アレモコトナク|イマモミルゴト|タグヒテモガモ

ローマ字読み|大文字

TOHOZUMANO|KOKONISHIARANEBA|TAMAHOKONO|MICHIOTADOHOMI|OMOFUSORA|YASUKENAKUNI|NAGEKUSORA|KURUSHIKIMONO|MISORAYUKU|KUMONIMOGAMO|TAKATOBU|TORINIMOGAMO|ASUYUKITE|IMONIKOTODOHI|AGATAMENI|IMOMOKOTONAKU|IMOGATAME|AREMOKOTONAKU|IMAMOMIRUGOTO|TAGUHITEMOGAMO

ローマ字読み|小文字

tohozumano|kokonishiaraneba|tamahokono|michiotadohomi|omofusora|yasukenakuni|nagekusora|kurushikimono|misorayuku|kumonimogamo|takatobu|torinimogamo|asuyukite|imonikotodohi|agatameni|imomokotonaku|imogatame|aremokotonaku|imamomirugoto|taguhitemogamo

左注|左註

右安貴王娶因幡八上釆女|係念極甚愛情尤盛|於時勅断不敬之罪退却本郷焉|于是王意悼怛聊作此歌也

事項|分類・ジャンル

相聞|因幡八上釆女|恋情|離別|枕詞|悲別

校異

歌【西】謌|短歌【西】短謌【西(訂正)】短歌

寛永版本

とほづまの,[寛]とほつまの,
ここにしあらねば,[寛]ここにあらねは,
たまほこの[寛],
みちをたどほみ,[寛]みちをたとほみ,
おもふそら[寛],
やすけなくに,[寛]やすからなくに,
なげくそら,[寛]なけくそら,
くるしきものを,[寛]やすからぬものを,
みそらゆく[寛],
くもにもがも,[寛]くもにもかもな,
たかとぶ,[寛]たかくとふ,
とりにもがも,[寛]とりにもかもな,
あすゆきて[寛],
いもにことどひ,[寛]いもにこととひ,
あがために,[寛]わかために,
いももことなく[寛],
いもがため,[寛]いもかため,
あれもことなく,[寛]われもことなく,
いまもみるごと,[寛]いまもみること,
たぐひてもがも,[寛]たくひてもかな,

巻数

第4巻

作者

安貴王

タイトルとURLをコピーしました