万葉集779番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集779番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集779番について

歌番号

779番

原文

板盖之|黒木乃屋根者|山近之|明日取而|持将参来

訓読

板葺の黒木の屋根は山近し明日の日取りて持ちて参ゐ来む

かな読み

いたぶきの|くろきのやねは|やまちかし|あすのひとりて|もちてまゐこむ

カタカナ読み

イタブキノ|クロキノヤネハ|ヤマチカシ|アスノヒトリテ|モチテマヰコム

ローマ字読み|大文字

ITABUKINO|KUROKINOYANEHA|YAMACHIKASHI|ASUNOHITORITE|MOCHITEMAIKOMU

ローマ字読み|小文字

itabukino|kurokinoyaneha|yamachikashi|asunohitorite|mochitemaikomu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|紀女郎|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

いたぶきの,[寛]いたふきの,
くろきのやねは[寛],
やまちかし[寛],
あすのひとりて,[寛]あすもとりては,
もちてまゐこむ,[寛]もてまゐりこむ,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました