万葉集487番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集487番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集487番について

歌番号

487番

原文

淡海路乃|鳥篭之山有|不知哉川|氣乃己呂其侶波|戀乍裳将有

訓読

近江道の鳥篭の山なる不知哉川日のころごろは恋ひつつもあらむ

かな読み

あふみちの|とこのやまなる|いさやかは|けのころごろは|こひつつもあらむ

カタカナ読み

アフミチノ|トコノヤマナル|イサヤカハ|ケノコロゴロハ|コヒツツモアラム

ローマ字読み|大文字

AFUMICHINO|TOKONOYAMANARU|ISAYAKAHA|KENOKOROGOROHA|KOHITSUTSUMOARAMU

ローマ字読み|小文字

afumichino|tokonoyamanaru|isayakaha|kenokorogoroha|kohitsutsumoaramu

左注|左註

右今案|高市<崗>本宮後<崗>本宮二代二帝各有異焉|但称<崗>本天皇未審其指

事項|分類・ジャンル

相聞|皇極|恋情|序詞

校異

岳->崗【元】【古】【紀】|岳->崗【西(右書)】【元】【類】【古】【紀】|岳->崗【西(右書)】【元】【類】【古】【紀】

寛永版本

あふみちの[寛],
とこのやまなる[寛],
いさやかは[寛],
けのころごろは,[寛]けのころころは,
こひつつもあらむ[寛],

巻数

第4巻

作者

舒明

タイトルとURLをコピーしました