万葉集625番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集625番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集625番について

歌番号

625番

原文

奥弊徃|邊去伊麻夜|為妹|吾漁有|藻臥束鮒

訓読

沖辺行き辺を行き今や妹がため我が漁れる藻臥束鮒

かな読み

おきへゆき|へをゆきいまや|いもがため|わがすなどれる|もふしつかふな

カタカナ読み

オキヘユキ|ヘヲユキイマヤ|イモガタメ|ワガスナドレル|モフシツカフナ

ローマ字読み|大文字

OKIHEYUKI|HEOYUKIIMAYA|IMOGATAME|WAGASUNADORERU|MOFUSHITSUKAFUNA

ローマ字読み|小文字

okiheyuki|heoyukiimaya|imogatame|wagasunadoreru|mofushitsukafuna

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|贈り物|動物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|弊【元】【紀】幣

寛永版本

おきへゆき[寛],
へをゆきいまや,[寛]へにゆきいまや,
いもがため,[寛]いもかため,
わがすなどれる,[寛]わかすなとれる,
もふしつかふな[寛],

巻数

第4巻

作者

高安王

タイトルとURLをコピーしました