万葉集596番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集596番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集596番について

歌番号

596番

原文

八百日徃|濱之沙毛|吾戀二|豈不益歟|奥嶋守

訓読

八百日行く浜の真砂も我が恋にあにまさらじか沖つ島守

かな読み

やほかゆく|はまのまなごも|あがこひに|あにまさらじか|おきつしまもり

カタカナ読み

ヤホカユク|ハマノマナゴモ|アガコヒニ|アニマサラジカ|オキツシマモリ

ローマ字読み|大文字

YAHOKAYUKU|HAMANOMANAGOMO|AGAKOHINI|ANIMASARAJIKA|OKITSUSHIMAMORI

ローマ字読み|小文字

yahokayuku|hamanomanagomo|agakohini|animasarajika|okitsushimamori

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|恋情|贈答|掛詞

校異

特に無し

寛永版本

やほかゆく[寛],
はまのまなごも,[寛]はまのまさこも,
あがこひに,[寛]わかこひに,
あにまさらじか,[寛]あにまさらめや,
おきつしまもり[寛],

巻数

第4巻

作者

笠女郎

タイトルとURLをコピーしました