万葉集607番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集607番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集607番について

歌番号

607番

原文

皆人乎|宿与殿金者|打礼杼|君乎之念者|寐不勝鴨

訓読

皆人を寝よとの鐘は打つなれど君をし思へば寐ねかてぬかも

かな読み

みなひとを|ねよとのかねは|うつなれど|きみをしおもへば|いねかてぬかも

カタカナ読み

ミナヒトヲ|ネヨトノカネハ|ウツナレド|キミヲシオモヘバ|イネカテヌカモ

ローマ字読み|大文字

MINAHITO|NEYOTONOKANEHA|UTSUNAREDO|KIMIOSHIOMOHEBA|INEKATENUKAMO

ローマ字読み|小文字

minahito|neyotonokaneha|utsunaredo|kimioshiomoheba|inekatenukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|恋情|贈答

校異

特に無し

寛永版本

みなひとを[寛],
ねよとのかねは[寛],
うつなれど,[寛]うつなれと,
きみをしおもへば,[寛]きみをしおもへは,
いねかてぬかも,[寛]いねかかてにかも,

巻数

第4巻

作者

笠女郎

タイトルとURLをコピーしました