万葉集614番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集614番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集614番について

歌番号

614番

原文

不相念|人乎也本名|白細之|袖漬左右二|哭耳四泣裳

訓読

相思はぬ人をやもとな白栲の袖漬つまでに音のみし泣くも

かな読み

あひおもはぬ|ひとをやもとな|しろたへの|そでひつまでに|ねのみしなくも

カタカナ読み

アヒオモハヌ|ヒトヲヤモトナ|シロタヘノ|ソデヒツマデニ|ネノミシナクモ

ローマ字読み|大文字

AHIOMOHANU|HITOYAMOTONA|SHIROTAHENO|SODEHITSUMADENI|NENOMISHINAKUMO

ローマ字読み|小文字

ahiomohanu|hitoyamotona|shirotaheno|sodehitsumadeni|nenomishinakumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|贈答|怨恨

校異

特に無し

寛永版本

あひおもはぬ[寛],
ひとをやもとな[寛],
しろたへの[寛],
そでひつまでに,[寛]そてひつまてに,
ねのみしなくも[寛],

巻数

第4巻

作者

山口女王

タイトルとURLをコピーしました