万葉集551番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集551番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集551番について

歌番号

551番

原文

山跡道之|嶋乃浦廻尓|縁浪|間無牟|吾戀巻者

訓読

大和道の島の浦廻に寄する波間もなけむ我が恋ひまくは

かな読み

やまとぢの|しまのうらみに|よするなみ|あひだもなけむ|あがこひまくは

カタカナ読み

ヤマトヂノ|シマノウラミニ|ヨスルナミ|アヒダモナケム|アガコヒマクハ

ローマ字読み|大文字

YAMATOJINO|SHIMANORAMINI|YOSURUNAMI|AHIDAMONAKEMU|AGAKOHIMAKUHA

ローマ字読み|小文字

yamatojino|shimanoramini|yosurunami|ahidamonakemu|agakohimakuha

左注|左註

右三首作者未詳

事項|分類・ジャンル

相聞|石川足人|餞別|羈旅|序詞|恋情|福岡|地名|神亀5年

校異

特に無し

寛永版本

やまとぢの,[寛]やまとちの,
しまのうらみに,[寛]しまのうらわに,
よするなみ[寛],
あひだもなけむ,[寛]あひたなけむに,
あがこひまくは,[寛]わかこひまくは,

巻数

第4巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました