万葉集613番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集613番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集613番について

歌番号

613番

原文

物念跡|人尓不<所>見常|奈麻強<尓>|常念弊利|在曽金津流

訓読

もの思ふと人に見えじとなまじひに常に思へりありぞかねつる

かな読み

ものもふと|ひとにみえじと|なまじひに|つねにおもへり|ありぞかねつる

カタカナ読み

モノモフト|ヒトニミエジト|ナマジヒニ|ツネニオモヘリ|アリゾカネツル

ローマ字読み|大文字

MONOMOFUTO|HITONIMIEJITO|NAMAJIHINI|TSUNENIOMOHERI|ARIZOKANETSURU

ローマ字読み|小文字

monomofuto|hitonimiejito|namajihini|tsuneniomoheri|arizokanetsuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|恋情|贈答

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|->所【元】【金】【紀】|->尓【元】【金】【紀】

寛永版本

ものもふと,[寛]ものおもふと,
ひとにみえじと,[寛]ひとにみせしと,
なまじひに,[寛]なましひに,
つねにおもへり[寛],
ありぞかねつる,[寛]ありそかねつる,

巻数

第4巻

作者

山口女王

タイトルとURLをコピーしました