万葉集663番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集663番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集663番について

歌番号

663番

原文

佐穂度|吾家之上二|鳴鳥之|音夏可思吉|愛妻之兒

訓読

佐保渡り我家の上に鳴く鳥の声なつかしきはしき妻の子

かな読み

さほわたり|わぎへのうへに|なくとりの|こゑなつかしき|はしきつまのこ

カタカナ読み

サホワタリ|ワギヘノウヘニ|ナクトリノ|コヱナツカシキ|ハシキツマノコ

ローマ字読み|大文字

SAHOWATARI|WAGIHENOHENI|NAKUTORINO|KOENATSUKASHIKI|HASHIKITSUMANOKO

ローマ字読み|小文字

sahowatari|wagihenoheni|nakutorino|koenatsukashiki|hashikitsumanoko

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情|奈良|地名|動物|序詞

校異

部->都【元】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

さほわたり[寛],
わぎへのうへに,[寛]わきへのうへに,
なくとりの[寛],
こゑなつかしき[寛],
はしきつまのこ,[寛]おもひつまのこ,

巻数

第4巻

作者

安都年足

タイトルとURLをコピーしました