万葉集601番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集601番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集601番について

歌番号

601番

原文

従情毛|吾者不念寸|山河毛|隔莫國|如是戀常羽

訓読

心ゆも我は思はずき山川も隔たらなくにかく恋ひむとは

かな読み

こころゆも|わはおもはずき|やまかはも|へだたらなくに|かくこひむとは

カタカナ読み

ココロユモ|ワハオモハズキ|ヤマカハモ|ヘダタラナクニ|カクコヒムトハ

ローマ字読み|大文字

KOKOROYUMO|WAHAOMOHAZUKI|YAMAKAHAMO|HEDATARANAKUNI|KAKUKOHIMUTOHA

ローマ字読み|小文字

kokoroyumo|wahaomohazuki|yamakahamo|hedataranakuni|kakukohimutoha

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|恋情|贈答

校異

特に無し

寛永版本

こころゆも,[寛]こころにも,
わはおもはずき,[寛]われはおもはす,
やまかはも[寛],
へだたらなくに,[寛]へたたらなくに,
かくこひむとは[寛],

巻数

第4巻

作者

笠女郎

タイトルとURLをコピーしました