万葉集760番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集760番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集760番について

歌番号

760番

原文

打渡|竹田之原尓|鳴鶴之|間無時無|吾戀良久波

訓読

うち渡す武田の原に鳴く鶴の間なく時なし我が恋ふらくは

かな読み

うちわたす|たけたのはらに|なくたづの|まなくときなし|あがこふらくは

カタカナ読み

ウチワタス|タケタノハラニ|ナクタヅノ|マナクトキナシ|アガコフラクハ

ローマ字読み|大文字

UCHIWATASU|TAKETANOHARANI|NAKUTAZUNO|MANAKUTOKINASHI|AGAKOFURAKUHA

ローマ字読み|小文字

uchiwatasu|taketanoharani|nakutazuno|manakutokinashi|agakofurakuha

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴坂上大嬢|桜井|地名|動物|恋情|贈答

校異

贈賜->贈【桂】【元】【古】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

うちわたす[寛],
たけたのはらに[寛],
なくたづの,[寛]なくたつの,
まなくときなし[寛],
あがこふらくは,[寛]わかこふらくは,

巻数

第4巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました