万葉集773番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集773番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集773番について

歌番号

773番

原文

事不問|木尚味狭藍|諸<弟>等之|練乃村戸二|所詐来

訓読

言とはぬ木すらあじさゐ諸弟らが練りのむらとにあざむかえけり

かな読み

こととはぬ|きすらあじさゐ|もろとらが|ねりのむらとに|あざむかえけり

カタカナ読み

コトトハヌ|キスラアジサヰ|モロトラガ|ネリノムラトニ|アザムカエケリ

ローマ字読み|大文字

KOTOTOHANU|KISURAAJISAI|MOROTORAGA|NERINOMURATONI|AZAMUKAEKERI

ローマ字読み|小文字

kototohanu|kisuraajisai|morotoraga|nerinomuratoni|azamukaekeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|坂上大嬢|久邇京|難解|植物|贈答|怨恨

校異

茅->弟【桂】【古】【紀】

寛永版本

こととはぬ[寛],
きすらあじさゐ,[寛]きすらあちさゐ,
もろとらが,[寛]もろちらか,
ねりのむらとに[寛],
あざむかえけり,[寛]あさむかれけり,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました