万葉集504番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集504番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集504番について

歌番号

504番

原文

君家尓|吾住坂乃|家道乎毛|吾者不忘|命不死者

訓読

君が家に我が住坂の家道をも我れは忘れじ命死なずは

かな読み

きみがいへに|わがすみさかの|いへぢをも|われはわすれじ|いのちしなずは

カタカナ読み

キミガイヘニ|ワガスミサカノ|イヘヂヲモ|ワレハワスレジ|イノチシナズハ

ローマ字読み|大文字

KIMIGAIHENI|WAGASUMISAKANO|IHEJIOMO|WAREHAWASUREJI|INOCHISHINAZUHA

ローマ字読み|小文字

kimigaiheni|wagasumisakano|ihejiomo|warehawasureji|inochishinazuha

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|宇陀|恋情|難解|地名

校異

歌【西】謌

寛永版本

きみがいへに,[寛]きみかいへに,
わがすみさかの,[寛]われすみさかの,
いへぢをも,[寛]いへちをも,
われはわすれじ,[寛]われはわすれし,
いのちしなずは,[寛]いのちしなすは,

巻数

第4巻

作者

柿本人麻呂妻

タイトルとURLをコピーしました