万葉集718番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集718番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集718番について

歌番号

718番

原文

不念尓|妹之咲儛乎|夢見而|心中二|燎管曽呼留

訓読

思はぬに妹が笑ひを夢に見て心のうちに燃えつつぞ居る

かな読み

おもはぬに|いもがゑまひを|いめにみて|こころのうちに|もえつつぞをる

カタカナ読み

オモハヌニ|イモガヱマヒヲ|イメニミテ|ココロノウチニ|モエツツゾヲル

ローマ字読み|大文字

OMOHANUNI|IMOGAEMAHIO|IMENIMITE|KOKORONOCHINI|MOETSUTSUZORU

ローマ字読み|小文字

omohanuni|imogaemahio|imenimite|kokoronochini|moetsutsuzoru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|娘子|夢|恋情|贈答

校異

呼【元】乎

寛永版本

おもはぬに[寛],
いもがゑまひを,[寛]いもかゑまひを,
いめにみて,[寛]ゆめにみて,
こころのうちに[寛],
もえつつぞをる,[寛]もえつつそをる,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました