万葉集715番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集715番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集715番について

歌番号

715番

原文

千鳥鳴|佐保乃河門之|清瀬乎|馬打和多思|何時将通

訓読

千鳥鳴く佐保の川門の清き瀬を馬うち渡しいつか通はむ

かな読み

ちどりなく|さほのかはとの|きよきせを|うまうちわたし|いつかかよはむ

カタカナ読み

チドリナク|サホノカハトノ|キヨキセヲ|ウマウチワタシ|イツカカヨハム

ローマ字読み|大文字

CHIDORINAKU|SAHONOKAHATONO|KIYOKISEO|UMAUCHIWATASHI|ITSUKAKAYOHAMU

ローマ字読み|小文字

chidorinaku|sahonokahatono|kiyokiseo|umauchiwatashi|itsukakayohamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|娘子|川渡り|奈良|地名|動物|贈答

校異

特に無し

寛永版本

ちどりなく,[寛]ちとりなく,
さほのかはとの[寛],
きよきせを[寛],
うまうちわたし[寛],
いつかかよはむ,[寛]いかにかよはむ,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました