万葉集682番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集682番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集682番について

歌番号

682番

原文

将念|人尓有莫國|懃|情盡而|戀流吾毳

訓読

思ふらむ人にあらなくにねもころに心尽して恋ふる我れかも

かな読み

おもふらむ|ひとにあらなくに|ねもころに|こころつくして|こふるあれかも

カタカナ読み

オモフラム|ヒトニアラナクニ|ネモコロニ|ココロツクシテ|コフルアレカモ

ローマ字読み|大文字

OMOFURAMU|HITONIARANAKUNI|NEMOKORONI|KOKOROTSUKUSHITE|KOFURUAREKAMO

ローマ字読み|小文字

omofuramu|hitoniaranakuni|nemokoroni|kokorotsukushite|kofuruarekamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|交遊|恋情

校異

特に無し

寛永版本

おもふらむ,[寛]おもひなむ,
ひとにあらなくに[寛],
ねもころに[寛],
こころつくして[寛],
こふるあれかも,[寛]こふるわれかも,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました