万葉集751番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集751番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集751番について

歌番号

751番

原文

相見而者|幾日毛不經乎|幾許久毛|<久>流比尓久流必|所念鴨

訓読

相見ては幾日も経ぬをここだくもくるひにくるひ思ほゆるかも

かな読み

あひみては|いくかもへぬを|ここだくも|くるひにくるひ|おもほゆるかも

カタカナ読み

アヒミテハ|イクカモヘヌヲ|ココダクモ|クルヒニクルヒ|オモホユルカモ

ローマ字読み|大文字

AHIMITEHA|IKUKAMOHENUO|KOKODAKUMO|KURUHINIKURUHI|OMOHOYURUKAMO

ローマ字読み|小文字

ahimiteha|ikukamohenuo|kokodakumo|kuruhinikuruhi|omohoyurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|坂上大嬢|贈答

校異

->久【西(右書)】【桂】【紀】【温】

寛永版本

あひみては[寛],
いくかもへぬを[寛],
ここだくも,[寛]ここはくも,
くるひにくるひ[寛],
おもほゆるかも[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました