万葉集629番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集629番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集629番について

歌番号

629番

原文

奈何鹿|使之来流|君乎社|左右裳|待難為礼

訓読

何すとか使の来つる君をこそかにもかくにも待ちかてにすれ

かな読み

なにすとか|つかひのきつる|きみをこそ|かにもかくにも|まちかてにすれ

カタカナ読み

ナニストカ|ツカヒノキツル|キミヲコソ|カニモカクニモ|マチカテニスレ

ローマ字読み|大文字

NANISUTOKA|TSUKAHINOKITSURU|KIMIOKOSO|KANIMOKAKUNIMO|MACHIKATENISURE

ローマ字読み|小文字

nanisutoka|tsukahinokitsuru|kimiokoso|kanimokakunimo|machikatenisure

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|遅参|怨恨|宴席

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

なにすとか,[寛]なにしにか,
つかひのきつる[寛],
きみをこそ[寛],
かにもかくにも,[寛]とにもかくにも,
まちかてにすれ[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴四綱

タイトルとURLをコピーしました