万葉集630番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集630番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集630番について

歌番号

630番

原文

初花之|可散物乎|人事乃|繁尓因而|止息比者鴨

訓読

初花の散るべきものを人言の繁きによりてよどむころかも

かな読み

はつはなの|ちるべきものを|ひとごとの|しげきによりて|よどむころかも

カタカナ読み

ハツハナノ|チルベキモノヲ|ヒトゴトノ|シゲキニヨリテ|ヨドムコロカモ

ローマ字読み|大文字

HATSUHANANO|CHIRUBEKIMONO|HITOGOTONO|SHIGEKINIYORITE|YODOMUKOROKAMO

ローマ字読み|小文字

hatsuhanano|chirubekimono|hitogotono|shigekiniyorite|yodomukorokamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|比喩|尫柜蹋|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

はつはなの[寛],
ちるべきものを,[寛]ちるへきものを,
ひとごとの,[寛]ひとことの,
しげきによりて,[寛]しけきによりて,
よどむころかも,[寛]とまるころかも,

巻数

第4巻

作者

佐伯赤麻呂

タイトルとURLをコピーしました