万葉集508番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集508番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集508番について

歌番号

508番

原文

衣手乃|別今夜従|妹毛吾母|甚戀名|相因乎奈美

訓読

衣手の別かる今夜ゆ妹も我れもいたく恋ひむな逢ふよしをなみ

かな読み

ころもでの|わかるこよひゆ|いももあれも|いたくこひむな|あふよしをなみ

カタカナ読み

コロモデノ|ワカルコヨヒユ|イモモアレモ|イタクコヒムナ|アフヨシヲナミ

ローマ字読み|大文字

KOROMODENO|WAKARUKOYOHIYU|IMOMOAREMO|ITAKUKOHIMUNA|AFUYOSHIONAMI

ローマ字読み|小文字

koromodeno|wakarukoyohiyu|imomoaremo|itakukohimuna|afuyoshionami

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情|別離|羈旅|枕詞

校異

母【金】【紀】【細】毛

寛永版本

ころもでの,[寛]ころもての,
わかるこよひゆ,[寛]わくこよひより,
いももあれも,[寛]いももわれも,
いたくこひむな,[寛]いたくこひしな,
あふよしをなみ[寛],

巻数

第4巻

作者

三方沙弥

タイトルとURLをコピーしました