万葉集746番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集746番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集746番について

歌番号

746番

原文

生有代尓|吾者未見|事絶而|如是A怜|縫流嚢者

訓読

生ける世に我はいまだ見ず言絶えてかくおもしろく縫へる袋は

かな読み

いけるよに|われはいまだみず|ことたえて|かくおもしろく|ぬへるふくろは

カタカナ読み

イケルヨニ|ワレハイマダミズ|コトタエテ|カクオモシロク|ヌヘルフクロハ

ローマ字読み|大文字

IKERUYONI|WAREHAIMADAMIZU|KOTOTAETE|KAKUOMOSHIROKU|NUHERUFUKUROHA

ローマ字読み|小文字

ikeruyoni|warehaimadamizu|kototaete|kakuomoshiroku|nuherufukuroha

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|坂上大嬢|贈答

校異

特に無し

寛永版本

いけるよに[寛],
われはいまだみず,[寛]われはまたみす,
ことたえて[寛],
かくおもしろく,[寛]かくあはれけに,
ぬへるふくろは[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました