万葉集491番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集491番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集491番について

歌番号

491番

原文

河上乃|伊都藻之花乃|何時<々々>|来益我背子|時自異目八方

訓読

川上のいつ藻の花のいつもいつも来ませ我が背子時じけめやも

かな読み

かはかみの|いつものはなの|いつもいつも|きませわがせこ|ときじけめやも

カタカナ読み

カハカミノ|イツモノハナノ|イツモイツモ|キマセワガセコ|トキジケメヤモ

ローマ字読み|大文字

KAHAKAMINO|ITSUMONOHANANO|ITSUMOITSUMO|KIMASEWAGASEKO|TOKIJIKEMEYAMO

ローマ字読み|小文字

kahakamino|itsumonohanano|itsumoitsumo|kimasewagaseko|tokijikemeyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|勧誘|序詞

校異

->々々【西(右書)】【類】【紀】【細】

寛永版本

かはかみの[寛],
いつものはなの[寛],
いつもいつも[寛],
きませわがせこ,[寛]きませわかせこ,
ときじけめやも,[寛]ときわかめやも,

巻数

第4巻

作者

吹芡刀自

タイトルとURLをコピーしました