万葉集664番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集664番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集664番について

歌番号

664番

原文

石上|零十方雨二|将關哉|妹似相武登|言義之鬼尾

訓読

石上降るとも雨につつまめや妹に逢はむと言ひてしものを

かな読み

いそのかみ|ふるともあめに|つつまめや|いもにあはむと|いひてしものを

カタカナ読み

イソノカミ|フルトモアメニ|ツツマメヤ|イモニアハムト|イヒテシモノヲ

ローマ字読み|大文字

ISONOKAMI|FURUTOMOAMENI|TSUTSUMAMEYA|IMONIAHAMUTO|IHITESHIMONO

ローマ字読み|小文字

isonokami|furutomoameni|tsutsumameya|imoniahamuto|ihiteshimono

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|枕詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

いそのかみ[寛],
ふるともあめに[寛],
つつまめや,[寛]さはらめや,
いもにあはむと[寛],
いひてしものを,[寛]ちきりしものを,

巻数

第4巻

作者

大伴像見

タイトルとURLをコピーしました