万葉集781番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集781番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集781番について

歌番号

781番

原文

野干玉能|昨夜者令還|今夜左倍|吾乎還莫|路之長手<呼>

訓読

ぬばたまの昨夜は帰しつ今夜さへ我れを帰すな道の長手を

かな読み

ぬばたまの|きぞはかへしつ|こよひさへ|われをかへすな|みちのながてを

カタカナ読み

ヌバタマノ|キゾハカヘシツ|コヨヒサヘ|ワレヲカヘスナ|ミチノナガテヲ

ローマ字読み|大文字

NUBATAMANO|KIZOHAKAHESHITSU|KOYOHISAHE|WAREOKAHESUNA|MICHINONAGATEO

ローマ字読み|小文字

nubatamano|kizohakaheshitsu|koyohisahe|wareokahesuna|michinonagateo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|紀女郎|枕詞|恋愛

校異

乎->呼【桂】【元】【紀】

寛永版本

ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
きぞはかへしつ,[寛]よふへはかへる,
こよひさへ[寛],
われをかへすな[寛],
みちのながてを,[寛]みちのなかてを,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました