万葉集654番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集654番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集654番について

歌番号

654番

原文

相見者|月毛不經尓|戀云者|乎曽呂登吾乎|於毛保寒毳

訓読

相見ては月も経なくに恋ふと言はばをそろと我れを思ほさむかも

かな読み

あひみては|つきもへなくに|こふといはば|をそろとわれを|おもほさむかも

カタカナ読み

アヒミテハ|ツキモヘナクニ|コフトイハバ|ヲソロトワレヲ|オモホサムカモ

ローマ字読み|大文字

AHIMITEHA|TSUKIMOHENAKUNI|KOFUTOIHABA|OSOROTOWAREO|OMOHOSAMUKAMO

ローマ字読み|小文字

ahimiteha|tsukimohenakuni|kofutoihaba|osorotowareo|omohosamukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

あひみては[寛],
つきもへなくに[寛],
こふといはば,[寛]こふといへは,
をそろとわれを[寛],
おもほさむかも[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴駿河麻呂

タイトルとURLをコピーしました