万葉集576番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集576番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集576番について

歌番号

576番

原文

従今者|城山道者|不樂牟|吾将通常|念之物乎

訓読

今よりは城の山道は寂しけむ我が通はむと思ひしものを

かな読み

いまよりは|きのやまみちは|さぶしけむ|わがかよはむと|おもひしものを

カタカナ読み

イマヨリハ|キノヤマミチハ|サブシケム|ワガカヨハムト|オモヒシモノヲ

ローマ字読み|大文字

IMAYORIHA|KINOYAMAMICHIHA|SABUSHIKEMU|WAGAKAYOHAMUTO|OMOHISHIMONO

ローマ字読み|小文字

imayoriha|kinoyamamichiha|sabushikemu|wagakayohamuto|omohishimono

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴旅人|愛慕|福岡|地名|恋情

校異

太->大【桂】【元】【類】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

いまよりは[寛],
きのやまみちは,[寛]きやまのみちは,
さぶしけむ,[寛]さひしけむ,
わがかよはむと,[寛]わかかよはむと,
おもひしものを[寛],

巻数

第4巻

作者

葛井大成

タイトルとURLをコピーしました