万葉集713番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集713番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集713番について

歌番号

713番

原文

垣穂成|人辞聞而|吾背子之|情多由多比|不合頃者

訓読

垣ほなす人言聞きて我が背子が心たゆたひ逢はぬこのころ

かな読み

かきほなす|ひとごとききて|わがせこが|こころたゆたひ|あはぬこのころ

カタカナ読み

カキホナス|ヒトゴトキキテ|ワガセコガ|ココロタユタヒ|アハヌコノコロ

ローマ字読み|大文字

KAKIHONASU|HITOGOTOKIKITE|WAGASEKOGA|KOKOROTAYUTAHI|AHANUKONOKORO

ローマ字読み|小文字

kakihonasu|hitogotokikite|wagasekoga|kokorotayutahi|ahanukonokoro

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|尫柜蹋

校異

特に無し

寛永版本

かきほなす[寛],
ひとごとききて,[寛]ひとことききて,
わがせこが,[寛]わかせこか,
こころたゆたひ[寛],
あはぬこのころ[寛],

巻数

第4巻

作者

丹波大女娘子

タイトルとURLをコピーしました