万葉集599番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集599番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集599番について

歌番号

599番

原文

朝霧之|欝相見之|人故尓|命可死|戀渡鴨

訓読

朝霧のおほに相見し人故に命死ぬべく恋ひわたるかも

かな読み

あさぎりの|おほにあひみし|ひとゆゑに|いのちしぬべく|こひわたるかも

カタカナ読み

アサギリノ|オホニアヒミシ|ヒトユヱニ|イノチシヌベク|コヒワタルカモ

ローマ字読み|大文字

ASAGIRINO|OHONIAHIMISHI|HITOYUENI|INOCHISHINUBEKU|KOHIWATARUKAMO

ローマ字読み|小文字

asagirino|ohoniahimishi|hitoyueni|inochishinubeku|kohiwatarukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|恋情|贈答

校異

特に無し

寛永版本

あさぎりの,[寛]あさきりの,
おほにあひみし,[寛]ほのにあひみし,
ひとゆゑに,[寛]ひとゆへに,
いのちしぬべく,[寛]いのちしぬへく,
こひわたるかも[寛],

巻数

第4巻

作者

笠女郎

タイトルとURLをコピーしました