万葉集638番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集638番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集638番について

歌番号

638番

原文

直一夜|隔之可良尓|荒玉乃|月歟經去跡|心遮

訓読

ただ一夜隔てしからにあらたまの月か経ぬると心惑ひぬ

かな読み

ただひとよ|へだてしからに|あらたまの|つきかへぬると|こころまどひぬ

カタカナ読み

タダヒトヨ|ヘダテシカラニ|アラタマノ|ツキカヘヌルト|ココロマドヒヌ

ローマ字読み|大文字

TADAHITOYO|HEDATESHIKARANI|ARATAMANO|TSUKIKAHENURUTO|KOKOROMADOHINU

ローマ字読み|小文字

tadahitoyo|hedateshikarani|aratamano|tsukikahenuruto|kokoromadohinu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|娘子|恋情|枕詞|贈答

校異

歌【西】謌

寛永版本

ただひとよ,[寛]たたひとよ,
へだてしからに,[寛]へたてしからに,
あらたまの[寛],
つきかへぬると[寛],
こころまどひぬ,[寛]おもほゆるかも,

巻数

第4巻

作者

湯原王

タイトルとURLをコピーしました