万葉集683番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集683番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集683番について

歌番号

683番

原文

謂言之|恐國曽|紅之|色莫出曽|念死友

訓読

言ふ言の畏き国ぞ紅の色にな出でそ思ひ死ぬとも

かな読み

いふことの|かしこきくにぞ|くれなゐの|いろにないでそ|おもひしぬとも

カタカナ読み

イフコトノ|カシコキクニゾ|クレナヰノ|イロニナイデソ|オモヒシヌトモ

ローマ字読み|大文字

IFUKOTONO|KASHIKOKIKUNIZO|KURENAINO|IRONINAIDESO|OMOHISHINUTOMO

ローマ字読み|小文字

ifukotono|kashikokikunizo|kurenaino|ironinaideso|omohishinutomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|尫柜蹋|枕詞

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

いふことの[寛],
かしこきくにぞ,[寛]さかなきくにそ,
くれなゐの[寛],
いろにないでそ,[寛]いろにないてそ,
おもひしぬとも[寛],

巻数

第4巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました