万葉集782番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集782番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集782番について

歌番号

782番

原文

風高|邊者雖吹|為妹|袖左倍所<沾>而|苅流玉藻焉

訓読

風高く辺には吹けども妹がため袖さへ濡れて刈れる玉藻ぞ

かな読み

かぜたかく|へにはふけども|いもがため|そでさへぬれて|かれるたまもぞ

カタカナ読み

カゼタカク|ヘニハフケドモ|イモガタメ|ソデサヘヌレテ|カレルタマモゾ

ローマ字読み|大文字

KAZETAKAKU|HENIHAFUKEDOMO|IMOGATAME|SODESAHENURETE|KARERUTAMAMOZO

ローマ字読み|小文字

kazetakaku|henihafukedomo|imogatame|sodesahenurete|karerutamamozo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|贈り物|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|沽->沾【元】【紀】

寛永版本

かぜたかく,[寛]かせたかみ,
へにはふけども,[寛]へにはふけとも,
いもがため,[寛]いもかため,
そでさへぬれて,[寛]そてさへぬれて,
かれるたまもぞ,[寛]かれるたまもを,

巻数

第4巻

作者

紀女郎

タイトルとURLをコピーしました