万葉集549番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集549番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集549番について

歌番号

549番

原文

天地之|神毛助与|草枕|羈行君之|至家左右

訓読

天地の神も助けよ草枕旅行く君が家にいたるまで

かな読み

あめつちの|かみもたすけよ|くさまくら|たびゆくきみが|いへにいたるまで

カタカナ読み

アメツチノ|カミモタスケヨ|クサマクラ|タビユクキミガ|イヘニイタルマデ

ローマ字読み|大文字

AMETSUCHINO|KAMIMOTASUKEYO|KUSAMAKURA|TABIYUKUKIMIGA|IHENIITARUMADE

ローマ字読み|小文字

ametsuchino|kamimotasukeyo|kusamakura|tabiyukukimiga|iheniitarumade

左注|左註

右三首作者未詳

事項|分類・ジャンル

相聞|石川足人|餞別|羈旅|枕詞|福岡|地名|神亀5年年紀

校異

歌【西】謌|太->大【桂】【元】【紀】

寛永版本

あめつちの[寛],
かみもたすけよ[寛],
くさまくら[寛],
たびゆくきみが,[寛]たひゆくきみか,
いへにいたるまで[寛],

巻数

第4巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました