万葉集556番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集556番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集556番について

歌番号

556番

原文

筑紫船|未毛不来者|豫|荒振公乎|見之悲左

訓読

筑紫船いまだも来ねばあらかじめ荒ぶる君を見るが悲しさ

かな読み

つくしふね|いまだもこねば|あらかじめ|あらぶるきみを|みるがかなしさ

カタカナ読み

ツクシフネ|イマダモコネバ|アラカジメ|アラブルキミヲ|ミルガカナシサ

ローマ字読み|大文字

TSUKUSHIFUNE|IMADAMOKONEBA|ARAKAJIME|ARABURUKIMIO|MIRUGAKANASHISA

ローマ字読み|小文字

tsukushifune|imadamokoneba|arakajime|araburukimio|mirugakanashisa

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴三依|恨牫|離別|贈答

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

つくしふね[寛],
いまだもこねば,[寛]またもこされは,
あらかじめ,[寛]あらかしめ,
あらぶるきみを,[寛]あらふるきみを,
みるがかなしさ,[寛]みるかかなしさ,

巻数

第4巻

作者

賀茂女王

タイトルとURLをコピーしました