万葉集759番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集759番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集759番について

歌番号

759番

原文

何|時尓加妹乎|牟具良布能|穢屋戸尓|入将座

訓読

いかならむ時にか妹を葎生の汚なきやどに入りいませてむ

かな読み

いかならむ|ときにかいもを|むぐらふの|きたなきやどに|いりいませてむ

カタカナ読み

イカナラム|トキニカイモヲ|ムグラフノ|キタナキヤドニ|イリイマセテム

ローマ字読み|大文字

IKANARAMU|TOKINIKAIMO|MUGURAFUNO|KITANAKIYADONI|IRIIMASETEMU

ローマ字読み|小文字

ikanaramu|tokinikaimo|mugurafuno|kitanakiyadoni|iriimasetemu

左注|左註

右田村大嬢坂上大嬢並是右大辨大伴宿奈麻呂卿之女也|卿居田村里号曰田村大嬢|但妹坂上<大>嬢者母居坂上里|仍曰坂上大嬢|于時姉妹諮問以歌贈答

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴坂上大嬢|植物|贈答

校異

->大【西(右書)】【桂】【元】【紀】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

いかならむ[寛],
ときにかいもを[寛],
むぐらふの,[寛]むくらふの,
きたなきやどに,[寛]けかしきやとに,
いりいませてむ,[寛]いりまさしめむ,

巻数

第4巻

作者

田村大嬢

タイトルとURLをコピーしました