万葉集632番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集632番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集632番について

歌番号

632番

原文

目二破見而|手二破不所取|月内之|楓如|妹乎奈何責

訓読

目には見て手には取らえぬ月の内の楓のごとき妹をいかにせむ

かな読み

めにはみて|てにはとらえぬ|つきのうちの|かつらのごとき|いもをいかにせむ

カタカナ読み

メニハミテ|テニハトラエヌ|ツキノウチノ|カツラノゴトキ|イモヲイカニセム

ローマ字読み|大文字

MENIHAMITE|TENIHATORAENU|TSUKINOCHINO|KATSURANOGOTOKI|IMOIKANISEMU

ローマ字読み|小文字

menihamite|tenihatoraenu|tsukinochino|katsuranogotoki|imoikanisemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|娘子|贈答|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

めにはみて[寛],
てにはとらえぬ,[寛]てにはとられぬ,
つきのうちの[寛],
かつらのごとき,[寛]かつらのことき,
いもをいかにせむ[寛],

巻数

第4巻

作者

湯原王

タイトルとURLをコピーしました