万葉集784番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集784番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集784番について

歌番号

784番

原文

打乍二波|更毛不得言|夢谷|妹之<手>本乎|纒宿常思見者

訓読

うつつにはさらにもえ言はず夢にだに妹が手本を卷き寝とし見ば

かな読み

うつつには|さらにもえいはず|いめにだに|いもがたもとを|まきぬとしみば

カタカナ読み

ウツツニハ|サラニモエイハズ|イメニダニ|イモガタモトヲ|マキヌトシミバ

ローマ字読み|大文字

UTSUTSUNIHA|SARANIMOEIHAZU|IMENIDANI|IMOGATAMOTO|MAKINUTOSHIMIBA

ローマ字読み|小文字

utsutsuniha|saranimoeihazu|imenidani|imogatamoto|makinutoshimiba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|娘子|夢|恋情

校異

牟->手【西(右書)】【桂】【元】【紀】

寛永版本

うつつには[寛],
さらにもえいはず,[寛]さらにもいはす,
いめにだに,[寛]ゆめにたに,
いもがたもとを,[寛]いもかたもとを,
まきぬとしみば,[寛]まきぬとしみは,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました