万葉集657番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集657番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集657番について

歌番号

657番

原文

不念常|日手師物乎|翼酢色之|變安寸|吾意可聞

訓読

思はじと言ひてしものをはねず色のうつろひやすき我が心かも

かな読み

おもはじと|いひてしものを|はねずいろの|うつろひやすき|あがこころかも

カタカナ読み

オモハジト|イヒテシモノヲ|ハネズイロノ|ウツロヒヤスキ|アガココロカモ

ローマ字読み|大文字

OMOHAJITO|IHITESHIMONO|HANEZUIRONO|UTSUROHIYASUKI|AGAKOKOROKAMO

ローマ字読み|小文字

omohajito|ihiteshimono|hanezuirono|utsurohiyasuki|agakokorokamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|煩悶|植物|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

おもはじと,[寛]おもはしと,
いひてしものを[寛],
はねずいろの,[寛]はねすいろの,
うつろひやすき[寛],
あがこころかも,[寛]わかこころかも,

巻数

第4巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました