万葉集687番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集687番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集687番について

歌番号

687番

原文

愛常|吾念情|速河之|雖塞々友|猶哉将崩

訓読

うるはしと我が思ふ心速川の塞きに塞くともなほや崩えなむ

かな読み

うるはしと|あがもふこころ|はやかはの|せきにせくとも|なほやくえなむ

カタカナ読み

ウルハシト|アガモフココロ|ハヤカハノ|セキニセクトモ|ナホヤクエナム

ローマ字読み|大文字

URUHASHITO|AGAMOFUKOKORO|HAYAKAHANO|SEKINISEKUTOMO|NAHOYAKUENAMU

ローマ字読み|小文字

uruhashito|agamofukokoro|hayakahano|sekinisekutomo|nahoyakuenamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

うるはしと,[寛]うつくしと,
あがもふこころ,[寛]わかおもふこころ,
はやかはの[寛],
せきにせくとも,[寛]せくとせくとも,
なほやくえなむ,[寛]なほやくつれむ,

巻数

第4巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました