万葉集742番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集742番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集742番について

歌番号

742番

原文

一重耳|妹之将結|帶乎尚|三重可結|吾身者成

訓読

一重のみ妹が結ばむ帯をすら三重結ぶべく我が身はなりぬ

かな読み

ひとへのみ|いもがむすばむ|おびをすら|みへむすぶべく|わがみはなりぬ

カタカナ読み

ヒトヘノミ|イモガムスバム|オビヲスラ|ミヘムスブベク|ワガミハナリヌ

ローマ字読み|大文字

HITOHENOMI|IMOGAMUSUBAMU|OBIOSURA|MIHEMUSUBUBEKU|WAGAMIHANARINU

ローマ字読み|小文字

hitohenomi|imogamusubamu|obiosura|mihemusububeku|wagamihanarinu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|坂上大嬢|遊仙窟|贈答

校異

特に無し

寛永版本

ひとへのみ[寛],
いもがむすばむ,[寛]いもかむすひし,
おびをすら,[寛]おひをすら,
みへむすぶべく,[寛]みへむすふへく,
わがみはなりぬ,[寛]わかみはなりぬ,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました