万葉集617番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集617番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集617番について

歌番号

617番

原文

従蘆邊|満来塩乃|弥益荷|念歟君之|忘金鶴

訓読

葦辺より満ち来る潮のいや増しに思へか君が忘れかねつる

かな読み

あしへより|みちくるしほの|いやましに|おもへかきみが|わすれかねつる

カタカナ読み

アシヘヨリ|ミチクルシホノ|イヤマシニ|オモヘカキミガ|ワスレカネツル

ローマ字読み|大文字

ASHIHEYORI|MICHIKURUSHIHONO|IYAMASHINI|OMOHEKAKIMIGA|WASUREKANETSURU

ローマ字読み|小文字

ashiheyori|michikurushihono|iyamashini|omohekakimiga|wasurekanetsuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|恋情|贈答|序詞

校異

特に無し

寛永版本

あしへより[寛],
みちくるしほの[寛],
いやましに[寛],
おもへかきみが,[寛]おもへかきみか,
わすれかねつる[寛],

巻数

第4巻

作者

山口女王

タイトルとURLをコピーしました