万葉集536番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集536番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集536番について

歌番号

536番

原文

飫宇能海之|塩干乃<鹵>之|片念尓|思哉将去|道之永手呼

訓読

意宇の海の潮干の潟の片思に思ひや行かむ道の長手を

かな読み

おうのうみの|しほひのかたの|かたもひに|おもひやゆかむ|みちのながてを

カタカナ読み

オウノウミノ|シホヒノカタノ|カタモヒニ|オモヒヤユカム|ミチノナガテヲ

ローマ字読み|大文字

ONOMINO|SHIHOHINOKATANO|KATAMOHINI|OMOHIYAYUKAMU|MICHINONAGATEO

ローマ字読み|小文字

onomino|shihohinokatano|katamohini|omohiyayukamu|michinonagateo

左注|左註

右門部王任出雲守時娶部内娘子也|未有幾時|既絶徃来|累月之後更起愛心|仍作此歌贈致娘子

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情|島根|地名|序詞

校異

歌【西】謌|滷->鹵【桂】【元】|歌【西】謌

寛永版本

おうのうみの,[寛]をうのうみの,
しほひのかたの[寛],
かたもひに,[寛]かたおもひに,
おもひやゆかむ[寛],
みちのながてを,[寛]みちのなかてを,

巻数

第4巻

作者

門部王

タイトルとURLをコピーしました