万葉集642番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集642番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集642番について

歌番号

642番

原文

吾妹兒尓|戀而乱<者>|久流部寸二|懸而縁与|余戀始

訓読

我妹子に恋ひて乱ればくるべきに懸けて寄せむと我が恋ひそめし

かな読み

わぎもこに|こひてみだれば|くるべきに|かけてよせむと|あがこひそめし

カタカナ読み

ワギモコニ|コヒテミダレバ|クルベキニ|カケテヨセムト|アガコヒソメシ

ローマ字読み|大文字

WAGIMOKONI|KOHITEMIDAREBA|KURUBEKINI|KAKETEYOSEMUTO|AGAKOHISOMESHI

ローマ字読み|小文字

wagimokoni|kohitemidareba|kurubekini|kaketeyosemuto|agakohisomeshi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|娘子|恋情|枕詞

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|在->者【略解】|懸【金】【元】縣

寛永版本

わぎもこに,[寛]わきもこに,
こひてみだれば,[寛]こひてみたるる,
くるべきに,[寛]くるへきに,
かけてよせむと,[寛]かけてしよしと,
あがこひそめし,[寛]わかこひそめし,

巻数

第4巻

作者

湯原王

タイトルとURLをコピーしました