万葉集538番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集538番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集538番について

歌番号

538番

原文

他辞乎|繁言痛|不相有寸|心在如|莫思吾背<子>

訓読

人言を繁み言痛み逢はずありき心あるごとな思ひ我が背子

かな読み

ひとごとを|しげみこちたみ|あはずありき|こころあるごと|なおもひわがせこ

カタカナ読み

ヒトゴトヲ|シゲミコチタミ|アハズアリキ|ココロアルゴト|ナオモヒワガセコ

ローマ字読み|大文字

HITOGOTO|SHIGEMIKOCHITAMI|AHAZUARIKI|KOKOROARUGOTO|NAOMOHIWAGASEKO

ローマ字読み|小文字

hitogoto|shigemikochitami|ahazuariki|kokoroarugoto|naomohiwagaseko

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|今城王|尫柜蹋|贈答

校異

->子【西(追補)】【桂】【紀】

寛永版本

ひとごとを,[寛]ひとことを,
しげみこちたみ,[寛]しけみこちたみ,
あはずありき,[寛]あはさりき,
こころあるごと,[寛]こころあること,
なおもひわがせこ,[寛]おもふなわかせ,

巻数

第4巻

作者

高田女王

タイトルとURLをコピーしました