万葉集771番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集771番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集771番について

歌番号

771番

原文

偽毛|似付而曽為流|打布裳|真吾妹兒|吾尓戀目八

訓読

偽りも似つきてぞするうつしくもまこと我妹子我れに恋ひめや

かな読み

いつはりも|につきてぞする|うつしくも|まことわぎもこ|われにこひめや

カタカナ読み

イツハリモ|ニツキテゾスル|ウツシクモ|マコトワギモコ|ワレニコヒメヤ

ローマ字読み|大文字

ITSUHARIMO|NITSUKITEZOSURU|UTSUSHIKUMO|MAKOTOWAGIMOKO|WARENIKOHIMEYA

ローマ字読み|小文字

itsuharimo|nitsukitezosuru|utsushikumo|makotowagimoko|warenikohimeya

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|坂上大嬢|久邇京|怨恨|贈答

校異

特に無し

寛永版本

いつはりも[寛],
につきてぞする,[寛]につきてそする,
うつしくも,[寛]たちしきも,
まことわぎもこ,[寛]まことわきもこ,
われにこひめや[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました