万葉集707番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集707番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集707番について

歌番号

707番

原文

思遣|為便乃不知者|片垸之|底曽吾者|戀成尓家類|<[注土垸之中]>

訓読

思ひ遣るすべの知らねば片もひの底にぞ我れは恋ひ成りにける|<[注土h之中]>

かな読み

おもひやる|すべのしらねば|かたもひの|そこにぞあれは|こひなりにける

カタカナ読み

オモヒヤル|スベノシラネバ|カタモヒノ|ソコニゾアレハ|コヒナリニケル

ローマ字読み|大文字

OMOHIYARU|SUBENOSHIRANEBA|KATAMOHINO|SOKONIZOAREHA|KOHINARINIKERU

ローマ字読み|小文字

omohiyaru|subenoshiraneba|katamohino|sokonizoareha|kohinarinikeru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|恋情|枕詞|贈答

校異

->女【元】【紀】【古】|歌【西】謌【西(訂正)】歌|->注土垸之中【桂】【元】

寛永版本

おもひやる[寛],
すべのしらねば,[寛]すへのしらねは,
かたもひの[寛],
そこにぞあれは,[寛]そこにそあれは,
こひなりにける[寛],

巻数

第4巻

作者

粟田女娘子

タイトルとURLをコピーしました