万葉集497番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集497番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集497番について

歌番号

497番

原文

古尓|有兼人毛|如吾歟|妹尓戀乍|宿不勝家牟

訓読

いにしへにありけむ人も我がごとか妹に恋ひつつ寐ねかてずけむ

かな読み

いにしへに|ありけむひとも|あがごとか|いもにこひつつ|いねかてずけむ

カタカナ読み

イニシヘニ|アリケムヒトモ|アガゴトカ|イモニコヒツツ|イネカテズケム

ローマ字読み|大文字

INISHIHENI|ARIKEMUHITOMO|AGAGOTOKA|IMONIKOHITSUTSU|INEKATEZUKEMU

ローマ字読み|小文字

inishiheni|arikemuhitomo|agagotoka|imonikohitsutsu|inekatezukemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情|羈旅|和歌山|挽歌発想|昔

校異

特に無し

寛永版本

いにしへに[寛],
ありけむひとも[寛],
あがごとか,[寛]わかことか,
いもにこひつつ[寛],
いねかてずけむ,[寛]いねかてにけむ,

巻数

第4巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました