万葉集503番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集503番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集503番について

歌番号

503番

原文

珠衣乃|狭藍左謂沈|家妹尓|物不語来而|思金津裳

訓読

玉衣のさゐさゐしづみ家の妹に物言はず来にて思ひかねつも

かな読み

たまきぬの|さゐさゐしづみ|いへのいもに|ものいはずきにて|おもひかねつも

カタカナ読み

タマキヌノ|サヰサヰシヅミ|イヘノイモニ|モノイハズキニテ|オモヒカネツモ

ローマ字読み|大文字

TAMAKINUNO|SAISAISHIZUMI|IHENOIMONI|MONOIHAZUKINITE|OMOHIKANETSUMO

ローマ字読み|小文字

tamakinuno|saisaishizumi|ihenoimoni|monoihazukinite|omohikanetsumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情|別離|悲別|出発|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

たまきぬの[寛],
さゐさゐしづみ,[寛]さゐさゐしつみ,
いへのいもに[寛],
ものいはずきにて,[寛]ものいはすきにて,
おもひかねつも[寛],

巻数

第4巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました